札束

夫婦のどちらかが浮気をしている場合、慰謝料が請求できます。
その場合は弁護士に依頼すれば必要な手続きをやってもらえます。
ただし、明確な証拠がなければ慰謝料を請求することはできないのです。
もし浮気を疑ったら、まず興信所か探偵事務所に相談するのが先です。
興信所や探偵事務所は浮気の証拠を写真撮影してくれます。
そして相手の行動をすべて記録し、報告書の形で提出してくれます。
そのような証拠があれば慰謝料は請求できます。

弁護士を味方にする
浮気の証拠があっても、相手がしらばくれることはよくあります。
そのような時に弁護士に依頼すると効果があるのです。
弁護士は内容証明郵便を送りつけますので、それを無視することはできないのです。
また自分で慰謝料を請求しようとしても、いくらぐらい請求すればいいのかわからない人が多いのです。
自分で交渉すると精神的にも経済的にも大きな負担となります。
その点、弁護士に頼めばこれらの負担が軽減されますし、被害者に最も有利になるように便宜を図ってくれます。

家庭内の孤立を避ける
特に女性に多いのは表沙汰にしたくないという考え方です。
そのため家庭内でこっそりと離婚を進めようとするのですが、拒絶されて精神的に傷つくケースがかなりあります。
家庭内で孤立する前に、弁護士に相談するのが大事です。
弁護士には相談内容を秘匿する義務がありますから、安心して何でも打ち明けることができるのです。
弁護士は離婚訴訟になった場合にも、依頼者のために解決に向かって努力をしてくれます。
味方がいるだけで、救われる依頼者が多いのです。

お金

 浮気が原因で慰謝料を請求する場合、実際に裁判で認められる金額の相場は300万円前後です。
これは、浮気をした配偶者から受け取れる金額に、浮気相手から受け取れる金額も合わせた合計額です。
慰謝料は、配偶者の不貞行為が原因で被った精神的苦痛を慰撫するという性格を持つ金銭ですので、その受けた損害の大きさに応じた妥当な金額が算定されることになっています。
ただし、裁判の場合の相場金額はこうなっていますが、夫婦間の協議で決める場合には、もっと高額にすることも可能です。

金額算定の流れ
 実際には裁判にまでは持ち込まず、当事者間の協議で慰謝料の金額を決めるケースが多いです。
訴訟を提起することになれば、それなりに費用や時間がかさみますので、なるべくそうならないうちに協議でまとめてしまいたいと考える人が大半です。
ただし、当事者だけで話し合おうとしても、お互いに感情的になってしまうケースが多いため、なかなか協議がまとまらないことが多いです。
そのために、双方が弁護士に代理を依頼して示談交渉にあたってもらうことが少なくありません。
また、示談が合意に達した後で、その合意書を公正証書にするケースが多いです。

算定の基準になるもの
 先ほど、実際の裁判で認められている慰謝料の相場は300万円前後だと書きました。
ただし、慰謝料と一口に言っても、それぞれの夫婦が抱えている事情は千差万別です。
ですので、慰謝料の金額はまさにケースバイケースだと言うことができます。
慰謝料の金額が決まる要因は、主に、婚姻期間の長さや不貞行為の態様だと言われています。
大雑把に言うと、婚姻期間が長くて、態様が悪質であれば、請求できる金額も高くなります。
ただし、相手の支払い能力の問題も関係してきますので、一概に言うことはできません。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031